*

【大人のエチケット】咳・くしゃみする時のマナー

公開日: : 最終更新日:2019/02/23 生活

春先になりますと気温の変化での風邪引き、インフルエンザや、花粉症、黄砂、乾燥によって突発的にくしゃみが出たり、咳が出ますね。

この咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症が数多くあります。

咳・くしゃみ時のエチケット

 

突発的に出る咳ですが、他の人に迷惑を掛けないようにするのがエチケットです。

①  まずは風邪の症状がある時にはマスクを着用して下さい。

鼻から顎まで覆うような大き目のマスクにて隙間が無いように着けましょう。


②  マスクが無い時には、ハンカチティッシュにて飛沫を防ぎましょう。

   口 や鼻を覆ったティッシュは 、すぐ にゴミ箱に捨てて下さい。

 

日本人の勘違い

日本人の大半の人が咳やくしゃみが出たときに両手にて覆います。

この飛沫の防ぎ方が1番多いと思います。

現に私も、とっさの折にはすぐにこうして咳やくしゃみをしておりました。

ところが、これは間違いの対処法です。

これでは、手のひらには沢山のウイルスや菌が付いてしまい、その手で触った箇所より病気を拡散する可能性があります。

 

本来の防ぎ方は

『肘部の袖や上着の内側で口と鼻を覆う』

 

外国の方々のくしゃみをする時は、自分の腕の肘の、上着の内側や袖(そで)で覆い、口鼻部を塞いで飛沫を防ぎます。

 

外国の方は、握手の習慣が非常に多いので、手のひらにて防ぐのは他人に直接にウイルスを感染させるようなもんです。

 それより、自分のシャツや洋服の袖ぐらいの犠牲の方が良いとの考えです。

 

まとめ

これからの季節、咳やくしゃみが出る時が多くなります。

花粉症の方は、マスクの着用は欠かせないでしょうが、他人は貴方が花粉症か風邪を引いてるのかはわかりません。

マスクをしていても、マスクの上から両手で押さえて咳をするとか、顔をそむけてする方が回りからは嫌がられないと思います。

 

突発的ににくしゃみが出て、両手で覆った時には、必ず、手洗いの習慣を付けましょう。

貴方の手にはウイルスや病原菌がいっぱいです。

おならは、『出るもの、所かまわず』とは云いますが、

自分のためにも、他人のためにも、エチケットとして、注意しましょう。

 

 

関連記事

山形県沖マグニチュード6.8の地震に人工地震と云うデマはひど過ぎる

6月18日のPM10:22頃に発生した地震。   夜が明けて、その被害の様子も

記事を読む

60過ぎでも40肩?突然の腕・肩の痛みに耐えられない症状の緩和ケア

突然に肩の痛みに襲われました。   車の運転中に、信号待ちにて後部座席の帽子を

記事を読む

郵便料金 値上げでお中元・お歳暮の ゆうパックの料金も上がる?

手紙84円、はがき63円に 消費増税で10月値上げへ     10

記事を読む

太りにくい食べ方はどっち?ボケを予防する食品4選とで健康維持を!

    年を重ねれば健康をまず考えます。  

記事を読む

交番襲撃事件の犯人像にて、似たような境遇や環境が多いように感じるのは私だけ?

  今般、年配者の交通事故と凶悪犯罪の事件が頻繁にあっていますね。  

記事を読む

ピアスの穴開けたり歯石除去でも献血出来ません!競泳女子の池江さんの白血病の発表にて献血する方が増えたそうですが、知ってました?

白血病は誰でも発症するような病気です。   女子競泳の池江璃花子選手の突然の病名発表で日

記事を読む

アイスにかき氷、食べて頭が痛くなるけどソフトクリームはならないのは何故?

熱 ~~~~ い夏がやって来ました。   梅雨のジメジメが終わり、過ごしやすく

記事を読む

羽毛布団にもダニ・ノミは発生する?縦型洗濯機でも洗濯は可能?干し方は?

じとじとと梅雨の季節になりました。 窓も開けれなくて寝苦しい夜が続きますが、布団の湿気も気にな

記事を読む

小泉孝太郎、進次郎のような似た者兄弟の柄本佑、時生も父親譲りの好青年

  元内閣総理大臣の小泉純一郎さんの御子息、小泉進次郎氏が結婚発表を行いました。

記事を読む

新天皇即位で恩赦!?何故犯罪者だけが恩恵を?一般の人の心情は無視?

天皇陛下が即位を宣明する22日の「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦を決定しました。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑