*

ネコちゃんのウンチを肥料に出来ないの?犬のウンチは?

公開日: : 最終更新日:2019/10/21 ペット・猫・ネコ

 

犬や猫のウンチは堆肥にならないの?

ワンちゃんや猫ちゃんをペットに飼ってる人の永遠の願いでしょうね。

ワンちゃんが散歩に行くのは、排泄が第一で、次が運動。

ネコちゃんは、我が自宅にはトイレがありますが、放し飼いされていると、畑や花壇、小学校・公園の砂場とかにウンチをします。

散歩中のワンちゃんのウンチの後片付けを、きちんとされてる方には迷惑な話ですが、中にはマナーを守れない御仁もいらっしゃいます。

 

沢山の動物がいて、その中には、鶏や、ブタ、牛の糞は肥料として役に立っています。 (鶏糞・牛糞の堆肥)


同じ動物なのに、ネコちゃんやワンちゃんのウンチは肥料にならないのでしょうか?

 

 

 

 

戦後の日本は人糞だって肥料でしたけど。

 

 


昔、田舎に行けば、畑の脇に肥桶(こえたごなる人糞を堆肥にする大きな穴がありました。

戦後は化学肥料が高額の上に、法律的な人糞処理場も無かったので、肥桶(こえたごに約半年から1年の間寝かせて、発酵・熟成させて、水にて希釈し、
肥料にしていたのです。


だから、昔は田舎に行けば、衛生公社さんの汲み取り車(バキュームカー)のような強烈な臭いがしてました。


東南アジアの貧困村では、未だに人糞を肥料としている所もあります。

 

 

 

 

 

では、ワンちゃんやネコちゃんのは?

 

 

 

 

 

結論から申し上げますと、出来るけど無理 みたいです。

 

ウンチだけですと堆肥にも肥料にもなりません。

 


肥料として使うとか堆肥にする為には他の発酵物と混合しなければなりません。

 

糞は食べ物の残ですので、出来ない事は無いそうですが、肥料になるには、発酵・熟成させたり、落ち葉や枯草・菌によって分解したりの工程が必要な訳です。

 

犬猫のフンには繊維質が少なく、土の中に埋めておけば、土には戻るのですが、時間が掛かります。

 

堆肥の効果は数年後からです。速効肥料ではありませんからね。

飼い主が、飼い犬・飼い猫の糞を肥料にするには、量的、寄生虫など衛生面や、金銭面においても負担の方が大きくなります。

では、何で鶏や牛の糞は肥料になるのでしょうか?

 

 


草食動物だからです。

草食がゆえに繊維質が多く、土壌の改良効果が肉食動物よりも早いのです。

 


家畜の堆肥の肥料成分は

 

ニワトリ →  ブタ  →  牛 →  馬  の順

 

 

 

 

 

結論

 

 

 

 

※ 肉食動物のフンは分解・発酵に時間が掛かり、肥料には向かない。


※ 犬猫のフンは水分量・量が少なく、肥料とするにはペットでは足りない。


※ 寄生虫の問題や、衛生面からも飼い主が始末した方が良い。

 

 

愛犬家・愛猫家の皆様、家族同様のペットたちが肩身の狭い思いをしないように面倒を見てあげようではありませんか。

 

 

関連記事

ペットの猫のお土産は感謝の気持ちか、狩りの自慢か?ありがた迷惑けどね

今日はうちのペットの愛猫について書きたいと思います。   ネコ好きの皆さんは理

記事を読む

野良猫 に餌を与えては だめ!との注意も与える方からの逆切れに注意を

筆者は猫を飼っています。   動物大好きで、これまでも犬や猫、熱帯魚にメダカ。

記事を読む

no image

今年の干支は亥年。犬、ネズミ、ヘビまでいるのに何でネコは無いの?

干支を見るにつけ、不思議に思います。 子  丑  寅  卯  辰  巳  午  未  申  酉  

記事を読む

猫を洗濯機で45分も気づかずに洗濯。救急搬送後に治療代が75万円と高額に

  ネコをペットとして飼ううえで良くあるようなとんでもない事件を目にしました。

記事を読む

猫の餌は何?おやつは?好物は?うちのはヨーグルト大好きです

我が家の同居人(同居猫)のご紹介です。 自慢するほどの大層な種別でもない、ただの日本猫ですが、よろ

記事を読む

ネコに見えますよね。南阿蘇の『免の石』九州フェイスブックランキング1位!

2018年にFB(フェイスブック)で「いいね!」を集めた九州の観光ランキング 画は異なりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑