*

ペットの猫のお土産は感謝の気持ちか、狩りの自慢か?ありがた迷惑けどね

公開日: : 最終更新日:2019/06/27 ペット・猫・ネコ, 生活

今日はうちのペットの愛猫について書きたいと思います。

 

ネコ好きの皆さんは理解してくれると思いますが、そうでない人は親バカとお笑いになりながらご覧ください。

 

 

 

 

 

飼い始めた訳

 

筆者の住む地域は、割と高台にある地域で田舎と云えば田舎の部類です。

 

借家住まいで住んでる建物も古く、田舎ゆえにネズミのチュー公も姿は見せずとも同居しておりました。

 

夜中に屋根裏を走り回る大運動会は時期によっては凄まじいもので、又、お隣さんちも同じ境遇です。

 

1m程の高さのブロック塀の隣のうちの物置には、収穫した野菜や根菜類も保存しているので他の野生動物もちょくちょくお見掛けしました。(タヌキやテン等)

 

 

 

「こりゃあ大変だぁ」

 

思案の末にネズミ捕り器とベタベタくっ付くごきぶりホイホイみたいな感じのネズミ用を設置しました。

 

敵もさるもので、捕獲器に捕まる愚か者は皆無。

 

ごきぶりホイホイには2匹程掛かりましたが、藻掻く姿がかわいそう・・・(変な矛盾があります)

 

こうなったらネズミの天敵を飼うしかないな

 

ペットと云うより、ネズミ退治が目的の打算的な考えでしたから、うちの猫はペットショップでの購入ではなく、譲渡会での里親募集での出会いです。

 

 

 

出会い

 

 

もう3年程前の事ですが、ある譲渡会にて現在の愛猫と遭遇いたしました。

 

まだ2か月目くらいの小さなキジトラの子猫でした。

 

大きな譲渡会ではなかったので数も少なく、子猫の数も少ない。

 

でも、長崎は猫の年間殺処分は日本一と有り難くない記録がありました。

 

女房殿と「ビビッときた」現飼い猫を貰うように手続きし、10日後に迎え入れる準備を整え、めでたく我が家の一員となりました。

 

人間とはおかしなもので、ネズミ退治が本来の目的ならば成猫が手っ取り早いのでが、いざ選び始めると可愛さに負けてしまいます。

 

後でビックリされると思いますが、その時はホントに小さな子猫に決めたのでした。

 

その時には夫婦揃って本来の目的である『ねずみ駆除』と云う大役の事は頭の中に無かったのです。

 

去勢手術と年に一度の注射、完全室内飼いを約束して(今では朝夕に勝手に散歩に行きますが)譲渡して頂きました。

 

保健所で殺処分される寸前だった3匹の子猫の最後の残り物(残り物には福がある)だったんです。

 

 

 

 

現在

 

 

 

 

途中の様子は別の時に書きたいと思いますが、現在は立派な成猫になりました。

 

由緒ある家柄の出ではありませんので、日本猫のキジトラです。

 

尾ッポが曲がった長崎猫の特徴があります。(不思議と長崎の猫の尾は曲がってる)

 

体重は9.3kgにもなり、2歳になる孫よりも重い。

 

病院の先生の話では、種類的に骨格が大きいそうで、大きくなるみたいです。

 

ご飯(キャットフードとおやつの味付き鰹節みたいなやつ)はあまり食べないのですが、大きく丈夫に育ちました。

 

目的の『ネズミ退治』ですが、1匹の成果もありません。

 

しかしながら、我が家からはネズミ一匹いなくなりました。

 

まさに天敵なんでしょうね。

 

 

 

逆に殺生な場面に遭遇しなくて良かったです。

 

2階の部屋から天井裏に入れる戸があるのですが、其処から天井に出入りして臭いを付けたみたいなのですが、それからは物の見事に運動会が無くなりました。

 

 

 

 

パトロールのおみやげ

 

 

 

 

近頃、朝夕に近所のパトロールに出かけます。

 

いつからか、引き戸を開けることを覚えており、玄関(引き戸)や部屋の網戸に爪をかけ、開けて勝手に出るんです。

 

決して故意に出してる訳じゃありませんが、『完全室内飼い』と云う約束を反故にしているので申し訳ないです。

 

そんなパトロールから帰って来るときに偶に「おみやげ」があります。

 

 

最初はトカゲ。

 

慌てて走り帰った口にプラプラした物が見えます。

 

「何?」

 

それを廊下に置きました。

 

 

するとそれが走り逃げます。

 

すると又その先に回り、手で軽く押さえています。

 

あの鋭い歯をしながら、器用に死なないように咥えて帰って来ます。

 

 

 

2度目3度目はヤモリでした。

 

この類の生き物は尻尾を切って逃げます。

 

床に放たれたヤモリは尻尾と胴に別れて逃げますが、決して逃しません。

 

追いかけ、捕まえ、また咥えてきます。

 

「これは家を守ってくれる生き物だから、連れてきちゃ駄目だよ」と云って聞かせますが、猫の耳に念仏(?)

 

しかしながら、感心なのは決して死んで無い事。

 

飼い親としては怒りも出来ず、そんな犠牲者をテッシュで掴み、お帰り頂きます。

 

 

この前はハツカネズミよりも小さな野ネズミを持ってきました。

 

この時は死んでましたが、この時ほど家の中のネズミがいなくなった事に安堵しました。

 

万一、家の中で狩りをして成果を目の前に差し出されたらと思うとゾッとしますからね。

 

 

 

猫のこの習慣は狩りの習性もあるそうですが、親しい人への感謝の気持ちもあるそうです。

 

日頃の感謝の気持ちにてお土産を持って帰ってくるのでしょうが、貰う方は複雑な思いです。

 

最初に、飼う動機が「ネズミ退治」でしたから・・・

 

あなたのうちの猫のお土産は何ですか?

 

持ち帰ってくるなら、それはきっとあなたへの感謝と、狩りも出来るようになったんだよと教えているのですよ。

 

 

ちなみに、今回のお土産はムクドリのひな鳥でした。

 

鳩と雀の中間くらいと結構大きく、口に咥えて来ましたがちゃんと生かしてます。

 

 

廊下に放たれ、バタバタと逃げ回るのを手で押さえ「ギャー―」と叫ぶ女房殿に自慢げに見せてました。

 

 

ひな鳥は、カゴに一晩泊めて翌日に離したら元気に飛んでくれました。

 

親鳥が近所まで迎えに来てましてたので巣立ちした直ぐのようです。

 

 

しかしながら、9.3kgもある身体で器用に捕らえるもんです。

 

でも、君のすばしっこさは判ったから、お土産か自慢か分からないけど、もういいよ。

 

 

 

 

関連記事

巻き爪が痛い !変形?ツメがくい込んで痛い時の応急処置と巻き爪の予防法

年齢を重ねて参りますと身体に色々な変化が起こります。 私も60代となりましてから色々な身体の変

記事を読む

気持ちで渡す心付け。どんな時に、誰にどれ位の金額で? 渡すタイミングは?

  先日、こんな話題が上がっていました。  

記事を読む

大津市の交通死亡事故での被害者と、加害者の事故後の心情を考えると堪らない。

大津市の園児死亡の交通事故に付いて   滋賀県大津市で保育園児の列に車が突っ込

記事を読む

長崎市の私道封鎖で通行止め。道が狭く坂の多い長崎では死活問題!

長崎市内のある町内に於きまして私道の利用を制限する封鎖問題が起こりました。  

記事を読む

新入学の小学1年生が早くも登校拒否行動。原因究明と対策は親?学校?

  4月も半ばに差し掛かり、ちょっとした光景を見ました。  

記事を読む

紅白歌合戦 の観覧を夢見ているけど、観覧申し込み期日が短すぎる!

  毎年、大みそかに行われる国民的番組「紅白歌合戦」について一言。  

記事を読む

世界から長崎へ!平和への願いを込めた原爆資料館の千羽鶴のその後の活用法

    間もなく原爆投下のあの日がやって来ます。  

記事を読む

定期検査の血液検査の結果、肝機能の数値の異常で禁酒中!

    今回は私事の記事にて。    

記事を読む

新天皇即位で恩赦!?何故犯罪者だけが恩恵を?一般の人の心情は無視?

天皇陛下が即位を宣明する22日の「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦を決定しました。 &nbs

記事を読む

梅雨にぬいぐるみにカビ発生!天日干し?洗う?子供が舐めたら大変だ!

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨の時期がやってきますねえー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑