*

歌のお兄さん。だんご3兄弟にマジンガーZ。ビューティフルサンデーに、はいだしょうこさんと歌のコンサート

公開日: : 最終更新日:2019/03/24 生活

NHKの「おかあさんといっしょ」

 

皆さんも子供さんと一緒にお世話になった方も多いと思います。

始まりは1959年の10月5日に、『母と子が一緒に楽しむエンターテイメント番組』というスタイルで、毎週月曜日、20分の放送でした。

2~3歳時を対象とした番組の無かった時代の中で、1954年生まれの私なんか番組の一期生的レベルの段階ですね。

2~4歳児を対象とした教育エンターテインメント番組で、お兄さんお姉さんと一緒にスタジオで楽しく展開する歌や体操、人形劇やアニメーションなどを通して、低年齢児にふさわしい情緒や表現、言葉や身体などの発達を助けることをねらいとしています。

幼稚園や保育所、家庭の中でと情操教育には欠かせない上に、子供さんの相手を出来ない時の神頼み』的な番組でもあります。

日曜日を除く、
月曜から土曜日の        午前8:00 ~ 8:24
月曜日 ― 金曜日       午後4:20 ~ 4:44

土曜日             午後5:00 ~ 5:24 の放送で

番組構成が変更されながらも、現在に至るまで放送され続けている長寿で、

まず、間違いなくNHKがある限り、未来永劫テレビ番組がある以上、なくなら

ない番組と思います。 

 

歌のお兄さん、たいそうのお兄さんの交代 


番組構成が変更されながらも、歌のお兄さん(お姉さんもいますが、今回はお兄さんにて)と、体操のお兄さんが小さな子供さんと一緒にスタジオ内をはしゃぎまわると、テレビの前の子供さんも同じ動きで答えます。

今回は、歌のお兄さんについて調べてみました。

今回の体操のお兄さんの交代に際して、1代目から12代目の歌のお兄さん達ですが、覚えていない方の為に調べてみました。

番組を卒業の後に、大ブレークされた方も多数いますよ。

 

歴代の歌のお兄さん


初代うたのおにいさん(1971年11月3日 – 1977年3月8日) 田中星児

ビューティフル・サンデー』と云う歌にて紅白歌合戦にも出場しました。

歌手というかタレントさんと云っていいのか分からないけど、グッチ裕三さんは従兄弟です。


2代目おにいさん(1976年4月12日 – 1979年3月17日)  水木一郎

男性歌手、作詞家、作曲家、声優、タレント、ナレーターと活躍している

テレビでは『マジンガー ゼッート』とスカーフをなびかせ、叫ぶキャラの有名な人です。

3代目おにいさん(1977年4月11日 – 1979年3月17日)  たいらいさお

童謡・唱歌・アニメソング歌手として活躍されています。

長崎県佐世保市の出身で、最近では佐世保バーガーのテーマソングを歌ったりもしています。

4代目おにいさん (1979年4月2日 – 1981年4月3日)    宮内良

現在は歌手、ミュージカル俳優として舞台等で活躍されています。

 

5代目おにいさん (1981年4月6日 – 1983年4月2日)   かしわ哲

「すずめがサンバ」「きみのなまえ」など、童謡の曲を数多く作詞・作曲。

音楽やアート活動を障害のある方の仕事として位置付け障害福祉サービスを実施している NPO法人ハイテンション を設立し、代表として活躍されています。


6代目おにいさん(1981年4月6日 – 1983年4月2日)    林アキラ


ミュージカル俳優・声楽指導・作詞作曲

「ミュージカル・レ ミゼラブル」の司教さん役では、多くの観客の涙を誘いました。

本来は、5代目のお兄さんとして、かしわ哲さんと同時に番組就任しましたが、かしわさんの方が林さんより早く番組を卒業したため、「6代目」扱いにしました。


7代目おにいさん(1985年4月1日 – 1993年4月5日)  坂田おさむ

フォークロックバンドの「宿屋の飯盛」のメンバーとしてデビュー。

シンガーソングライター・白鳳女子短期大学の客員教授も勤めています。

番組内の今月の歌コーナーの最多楽曲提供者となっており、今も番組内外で歌い継がれる曲となったものもあるほか、小学校用の音楽教科書に採用された曲もあります。


8代目おにいさん(1993年4月5日 – 1999年4月3日)   速水けんたろう

歌手・俳優・声優。
2016年からは洗足学園音楽大学で、音楽学科声優アニメソングコースの講師を務めている

茂森あゆみさんと歌唱を担当した「だんご3兄弟」は、シングルCDが爆発的な売れ行きになりました。


9代目おにいさん(1999年4月5日 – 2003年4月5日)    杉田あきひろ

卒業後は、舞台俳優として活躍されていましたが、不祥事を起こし休業中。

子供番組に出演したのに、悪いお手本は見せて欲しくないですね。

10代目おにいさん(2003年4月7日 – 2008年3月28日)   今井ゆうぞう

歌手、俳優、デザイナー

東京ディズニーランドのパレードダンサーや劇団四季などで活動されていました。それから抜擢され、活躍されています。

卒業後は、はいだしょうこお姉さんとともに全国50か所以上を回り、『おかあさんといっしょ』の楽曲を中心にした「ファンタジー・コンサート」を開催しておりました。


11代目おにいさん (2008年3月31日 – 2017年4月1日)  横山だいすけ

国立音楽大学卒業。、卒業後に劇団四季に入団。

舞台『ライオンキング』ではレイヨウ役などを演じ活躍した。

在任期間は9年で、うたのおにいさん・おねえさんの中で歴代最長記録です。
現在でも、バラエティー番組や教育番組で活躍されています。

持ち歌は「かぞえてんぐがやってきた


12代目おにいさん(2017年4月3日 – )    花田ゆういちろう

 

歌手、俳優、 タレントとして活躍中。

国立音楽大学声楽科卒業。

前は、文学座附属演劇研究所に所属し、演劇やミュージカルなど舞台を中心に活動されていました。

 

どうですか?

皆さん方、長寿番組に抜擢されただけの実力者ばかりでしょう。

これからも何代も新しいタイプのお兄さんたちが登場すると思いますが、

歴代のお兄さん達の今後のご活躍も期待しています。

 

 

 

関連記事

インフル花粉症?インフルエンザと花粉症が合体?くしゃみ、鼻水、頭が痛い

インフル花粉症と、その症状。   今年の花粉症は、例年よりも数倍も多いそうですよ。 長崎県でも例年

記事を読む

立憲民主党の党首よ。炎上中の尾辻かな子・高井たかし・石川大我は野放しか?

  全国でコロナウイルスの感染のニュースで持ち切りなご時世に、突如として理解不可能な

記事を読む

夏休みの自由研究に小学校低学年に持って来いの〇〇の研究は簡単です

  楽しい夏休みも終わりに近づけば、毎年毎年頭が痛いのが子供さんの宿題。 &n

記事を読む

ウナギの生態。出所不明の香港ウナギ稚魚6トンを輸入。養殖、産卵の秘密

ウナギのかば焼きは好きですか? 私は大好きですが、滅多に食べれません。 そんな日本人の誰

記事を読む

バス運転手の高齢化。若年層不足が交通事故に拍車?過酷な労働実態

  連日、高齢者の交通事故のニュースが後を絶ちません。 高年齢者と言っても私も

記事を読む

スーパー銭湯に温泉。女湯に男の子は何歳まで?

日本人はお風呂大好きですよね。 温泉旅行や、スーパー銭湯に行く機会も多いかと思います。 さて、男の

記事を読む

巻き爪が痛い !変形?ツメがくい込んで痛い時の応急処置と巻き爪の予防法

年齢を重ねて参りますと身体に色々な変化が起こります。 私も60代となりましてから色々な身体の変

記事を読む

年越しには何故そば?うどんやそうめんではだめなのかな?

  毎年、年の瀬には「年越しそば」を頂きます。   御年60ン

記事を読む

新入学児童の靴選び。大きさ・幅・高さ・硬さと注意点が一杯です。

今回は靴を選ぶ時の注意点ですが、経験上、新入学児童に絞って書いてみたいと思います。 靴のサイズの平

記事を読む

50代60代の友人の初盆に贈る物は何?お布施の金額の目安と送る時期は?

  今年の初夏に高校時代の友人が心筋梗塞にて亡くなりました。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑