*

妹が腰椎椎間板ヘルニアにて内視鏡手術しました。

公開日: : 最終更新日:2019/02/23 介護

椎間板ヘルニアとは


腰の骨の間にあるクッションの役割をする椎間板が背側に突出し、背側に走る

神経を圧迫し、圧迫された神経の支配領域(多くは下肢)に痛みやしびれが生

じる病気

 

皆さんの中にも、

『腰が痛い』

『足が痺れる』

なんて方は沢山いると思います。

今年に厄明けになりました妹が、急にその症状が出ました。

夫婦で日曜日にはテニスを楽しむほど、別段変わったところはありませんでした。

妹の旦那から、突然に電話があり、

「妹が、この前から腰がちょっと痛くなり、足の指先あたりにしびれがある」というので、「病院で見て貰ったら?」と、軽い気持ちで言ったとの事。

それで近所の整形外科に行き、診察とレントゲン撮影にて「骨には異常も無く、疲れか、無理をしたのでしょう」と軽いような症状の診断です。

ところが、痛みが増してきたそうです。

立っている時は痛みは無いが、歩く時や、腰をかがめる時に痛みが出てくる。

腰が痛いのか、腹部が痛いのか解らないとの症状。

 

彼女は、別にも病歴があり、去年は軽い脳梗塞で運ばれています。

めまいもひどく、病院にて薬を処方して貰い、服用中です。

その心配から、「この足の痺れは、もしや又脳梗塞かも?」と思い、

内科の受診もしたそうです。

内科の診断にて、「脳梗塞の所見は無し」との事。

これで「腰の痛み」には違いないが、気長に養生するには痛みが・・・

やっぱり大きな病院で診て貰おうと、長崎市内にある原爆病院の整形科で受診。

 

診察の結果は

 

【椎間板ヘルニアによる脊髄圧迫】

最近の医療の進歩はすごいですね。

手術後に、MRI検査の結果を見せて貰い、説明をして頂ましたが、椎間板が突出し、脊髄を圧迫しているのがはっきりと映っています。

 

『MRIの結果、1ヶ所の圧迫箇所があり、そこから足の痺れを引き起こしており、痺れの症状は、さらに酷くなるでしょうから、早めに手術にて取り除いた方が良い』との事。

診察に行ったその日に、入院。

翌日に手術。(たまたま手術の空きがあったそう)

手術としては、内視鏡にて時間は1.5時間ほど。

午後1時に手術室に向かい、後処理、麻酔からの目覚めまで午後4時半くらいには終了しますとの事でした。

手術は無事に時間通りに終了し、立会いましたので、医師から結果と取り除いた物を見せて頂きました。

さほど大きくも無い少量の脊髄。

傷口は4㎝程の大きさで、出血量は10ccほど。

手術時間も1.5時間で予定していた通りで、何の問題もありませんとの事。

本日は、CU室(高度治療室)にて経過観察。

3日後より歩行訓練、10日後に抜糸。

入院期間は2週間で、その後リハビリ含めて3か月ほどにて治るでしょうとの事。

 

昔の腰の手術時は

30年程前に知り合いが腰の手術をした時には大変な大手術だったのを覚えています。

傷口は、大きくて10~20㎝の大きさになり、入院期間も3か月は掛かり、その間は、自分の形に形成した石膏の型(その頃の愛称は亀の甲)に寝ていなければいけなかったのです。

その間の食事はおろか、トイレの大小も寝たきり状態でしなくちゃいけないので、それが輪をかけて苦痛です。

3か月の固定状態から解放されても、固まった身体のリハビリは大変です。

術後のリハビリに筋肉の衰え。

 

骨折してギブス固定された方は、リハビリの辛さが分かると思いますが、

身体を動かすのがこんなに辛いことはありません。

 

手術後の生活

妹の場合、慢性の軽い症状があったそうですが、時にはくしゃみをしても

椎間板ヘルニアになる人がいるそうです。


腰に負担はかけないように、歩行訓練しながら回復させるみたいで、いつまでも寝させてはいません。

介護の折にも、腰を痛める方が多いそうです。

皆様も物を持ったりする時には無理をしないように、又、無理な態勢をしないようにして下さい。

 

それにしても、医療の進歩はすごいですね。

今回見せて貰ったMRI画像の鮮明さ。

 

私は、個人的には身体にメスを入れるのは賛成しませんが、早期発見・早期治療は大事です。

診断に、判断して結論を出すのは本人だけですが、色々な検査結果は噓偽りはありません。

 

 

 

 

 

関連記事

介護施設入所時の準備について。

介護施設に入所させました。 90歳になる父親を有料の介護施設に入所させました。 簡単に書きましたが

記事を読む

誰でも紙パンツは嫌ですよね。嫌がる紙おむつに変える時の良い言い方は?

介護用紙オムツへの抵抗 「そろそろ紙パンツにしようか?」 こう切り出してもはっきり言って素直に「う

記事を読む

爪切りは医療?介護施設では爪切りはしてはくれません!出来ないんです!

年寄りの爪切りは難しいです。 介護者の爪切りはどうしていますか? 年は取っても、爪は毎日毎日伸びて

記事を読む

介護(介助)を真剣に考えてあげてますか?

今回は普段の生活に付いて考えたいと思います。 お年寄りの方の居場所は必然的に決まっていると思います

記事を読む

老人の介護について考えていますか?

私には今年93歳になる父親がいます。 母親が亡くなり、一人住まいをしていましたので5年ほど前に有料

記事を読む

車いすの介助はそれで大丈夫ですか?私の失敗談ですけどね。

2か月に1回、白内障の手術後、眼科の受診に行っております。 その折に車イスを使用するのですが、身体

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑