*

令和元年の長崎くんち、江戸町の演し物紹介。オランダ船の迫力 2019

公開日: : 最終更新日:2019/04/18 観光, 趣味・レジャー

 

オランダ風の服装を身にまとい、船上でお囃子を務める子供たちが賑やかです。

 

ベルリラなどのお囃子の楽器の音が流れてきました。

 

「もってこーーい」

 

「もってこーーい」

日の丸とオランダの国旗を帆に見立て

 

いざ出港です。

 

 

江戸町の由来

 

この町は、戦国時代末期にあたる天正13年から文禄元年(1585~1592)にかけて設立され、

 

当時、長崎の最南端の町であったと共に、オランダ屋敷(出島)に直面する異国情緒豊かな町でした。

 

町名は、奉行所があるため、江戸から派遣された役人が多かったこともあるが、

 

江戸のように栄えることを祈願して名付けられたのだというそうです。

 

その為に、市中心部にある元の県庁所在地が江戸町界隈です。

(現在、県庁は長崎駅横に移動しています)

 

江戸時代初めまでは県庁より下が崖であり(現在の大波止付近)、

 

長い岬の先端部分にあたっており、

 

その長い岬が『長崎』の語源となっています。

 

 

 

 

江戸町の演し物 阿蘭陀船

阿蘭陀船と書いて、オランダふねと呼んでます。

 

全長6.2メートル、巾2メートル、高さ4メートルで、重さは約3トンあるそうです。

 

下部に車輪は付いてますが,総勢20数名の根曳衆が「コンミ」と声を掛けると、

 

観衆が「シャーレ」と返し、みんなで盛り上がって楽しみます。

 

ちなみに、くんちの掛け声は

 

『もってこーーい』    →   「首を長くして待ってるぞ。早くこい」

「アンコール! アンコール!!」

 

『しょもうやれーー』   →   「もう一回やれー」

 

 

 

 

江戸町は、江戸時代に出島のすぐ正面に位置していたため、

 

出島のオランダ人とも交流があったようです。

 

 

オランダ風の服装で囃子を奏でる子供たちを乗せ、

 

はるか異国の地より

 

荒波にも負けずに航海して来た様子を荒々しく表現しますよ。

 

根曳衆が荒れ狂う荒波の中を航海する様子を表すのに

 

船を力ずくで回転(回す)する時の音がまた凄いんです。

 

3トンもの重量を支える車輪が石だたみに軋ませる音。

 

ゴリゴリ ギーギーと荒れ狂う荒海を十分に思い起こさせます。

 

 

阿蘭陀船は世界の珍しい物をたくさん乗せてやって来ました。

 

象やラクダも運ばれて来たそうですよ。

 

その中でも有名なのは

 

・・・

 

・・・・

 

そうです

 

 

8代将軍吉宗が注文した 象 でしょうね。

 

象は1200キロの道のりを80日間で歩き通し、街道は、長崎から江戸まで見物人が鈴なりになったそうです。

 

象は無事に京都を経て無事に江戸に到着。

 

浜御殿(現在の浜離宮)で飼われ、もちろん将軍吉宗も見物したそうですよ。

 

オランダ船で何か月も航海し、それから道なき道を江戸まで歩くのですから

 

象にとっても

 

『しんどいぞう』  でしたでしょう。

 

 

そんな思いを乗せて演じる阿蘭陀船

 

根曳衆の掛け声や子供たちのお囃子に乗せて船出する様をご覧ください。

 

 

アクセス

 

 

路面電車

 

【諏訪神社】

 

長崎駅前電停から3番系統蛍茶屋行きに乗車し、諏訪神社電停で下車。徒歩約2分

 

【中央公園】

 

長崎駅前電停から1番系統崇福寺行きに乗車し、新地中華街電停でのりつぎ券をもらい下車。
5番系統 石橋ー蛍茶屋行きにのりつぎ、めがね橋電停で下車。徒歩約2分

 

【お旅所】

 

長崎駅前電停から1番系統崇福寺行きに乗車し、大波止電停で下車。徒歩約3分

 

【八坂神社】

 

長崎駅前電停から1番系統崇福寺行きに乗車し、崇福寺電停で下車。徒歩約2分

 

路線案内図が必要な方はこちらからダウンロードして下さい。
路線案内図 ( 4628KB )

 

関連

http://令和元年の長崎くんち、秋の大祭の踊り町、玉園町の演し物紹介

 

http://令和元年の長崎くんち、秋の大祭の踊り町、魚の町の出し物紹介

 

 

 

 

 

 

関連記事

御嶽海の稽古に賭ける俳句の才能。プレバトナンバーワンを獲得。

  5月12日に初日を迎える大相撲夏場所を前に御嶽海が「プレバト」に参戦。 &

記事を読む

no image

隠れた長崎銘菓 ザボン漬け

久しぶりに見たザボン。 冬場になると市内のスーパーの野菜・果物コーナーに並びます。 本来は中

記事を読む

令和元年の長崎くんち、秋の大祭の踊り町、籠町の演し物紹介

  諏訪の森にシャギリの音が響く時   長崎っ子の血はフツフツ

記事を読む

軍艦島クルーズはアスベストで上陸不可!でもクルーズはやってるよ!

長崎観光の新たなる目玉の軍艦島上陸クルーズ。   廃墟化したたたずまいは進撃の

記事を読む

2019年 直木賞作家候補全員が女性で史上初。選考基準と選考委員は誰?

  本年度の直木賞の候補作が発表されましたが、何と候補者全員が女性だったȄ

記事を読む

七十二候 第十候 雀始巣  長崎桜開花宣言1番 気象台の桜の木に5輪 

開花宣言!春の到来です!   2019年3月20日。 全国のトップを切って、

記事を読む

「キングダム」と「長崎ランタンフェスティバル」がコラボします!

今年の長崎ランタンフェスティバルの目玉の「新イベント」だそうです。 私は読んだことはありませ

記事を読む

ライフハック術。水難救助にジーパンをライフジャケット・救命胴衣に!

暖かくなって来たら楽しいのが水辺での水遊び。 海や川。湖に池。 海水浴にボート遊び。

記事を読む

土用の丑の日は国内産ウナギ?中国産ウナギ?うま味の違いと危険度は?

  梅雨が明け、夏の到来の前には土用の丑の日にウナギを食する。  

記事を読む

笑点の「重大発表」って昇太の結婚?相手は誰なの?

  日本テレビの番組「笑点」が公式Facebookで、6月30日の放送を前に「番組の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新天皇即位で恩赦!?何故犯罪者だけが恩恵を?一般の人の心情は無視?

天皇陛下が即位を宣明する22日の「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦を

災害ボランティアの活動は過酷!まずは自身の体調を管理して手伝おう。

  2019年令和元年の台風19号による豪雨で甚大な被

鼻毛カッター購入。他人に注意しにくいみっともない鼻毛の白髪?

  年を取ると自分の顔を鏡で見るという事が少なくなりま

ポテトチップスのご当地味にチャンポン登場!九州限定の味は本当にチャンポン?

  大の大人から小さな子供に至るまで長年親しまれている

大相撲・遠藤関がお嫁さんをお姫様抱っこ?憧れの力士が結婚していた!

  9月場所も関脇の御嶽海が優勝を飾り、今や全盛の盛り

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑