*

地震発生時の反応に疑問。人によって体感が違うのが怖い気がする

公開日: : 最終更新日:2020/01/15 生活

 

今朝方に関東地方で地震があったそうです。

 

近頃は何処に住んでても安全な場所は無いように思うほど自然災害が頻繁に起こっています。

 

幸いにも私が住む長崎県では地震が少なく、平和ボケと云われても良いくらい地震に対して恐怖感や危機感がありません。

 

地震があっても年に1度くらいあるかないかで、震度も1からひどくても3くらいが最高の感じですから

 

「ガタガタ」と1・2秒で収まり、「何か今揺れた?」てな感じなんです。

 

隣県の熊本県や大分県では地震にて頻繁に揺れるそうですが、長崎県は活断層に至ってないんでしょうね。

 

そんな平和ボケしたような爺さんでも少しだけ気になる事があります。

 

 

 

 

人間の五感の差なんだろうか?

 

地震が発生した時に、皆さんが揺れを感じ、ツイッターに投稿しておられますが、それぞれに感じ方が違うように思われます。

 

地震を感じてすぐに

 

「今、揺れた!!」

 

 

 

とツイートする方がいらっしゃいます一方で、

 

「朝方地震があったみたいに感じたけど、二度寝して眠い」とか。

 

 

 

 

人それぞれに生活リズムも違えば、体調も違います。

 

体質でも、体格のいい方もおられれば華奢な人もいます。

 

血液型は関係ないかも知れませんが、神経質な方がおられる反面、おっとりとした方もおられます。

 

眠りが浅い人もいれば、私みたいに横になれば「寝落ち」に入る人もおられるでしょう。

 

本州では関東・関西地方にこれから先大きな地震の予測や予兆もあるそうです。

 

沢山の自然災害が発生している現在において、地震が頻発している地域の方々はそれなりに準備や心構えも出来ていると思います。

 

それでも、地震発生時の皆さんのツイートを見ると人それぞれに感じ方が違うのが怖い気がします・・・・

 

 

すぐに感じる方。

 

感じても反応が薄い方。

 

気づいてもそのまま眠る方。

 

 

人それぞれに生きているのですし取り組み方も開き直っていたりと様々でしょうが、体感の違いで感じ方が違うとすれば怖い気がしますね。

 

 

地震に十分に注意されてても、感じ方が遅かったら逃げ遅れるかもしれませんよね・・・・

 

 

 

 

 

 

携帯電話の緊急地震警報の誤報の良し悪し

 

 

そんな色々なツイートを眺めている時に「携帯電話の緊急地震警報」について書かれている方がおられました。

 

 

 

 

 

上の動画は過去の物なんですが、緊急地震警報は気象庁より発表され、スマートフォンや携帯電話にけたたましい音が電源のオン・オフに関わらずに鳴り響きます。

 

気象庁によると、携帯電話などに緊急地震速報が発表されるのは最大震度が5弱以上で、震度4以上が予想される地域に流れる仕組みになっています。

 

地震の予兆により、事前に分かりますので緊急地震速報にて知らせてくれるのですが、最近は誤報も多くありますよね。

 

あまりにけたたましい音量での知らせですが、間違いならば腹立たしい限りです。

 

 

 

 

それも夜中や明け方の時間帯で、眠りを阻害されたりしたら直の事腹立たしいでしょう。

 

私も誤報ならば腹が立つと思いますが、一人の方のつぶやきに心惹かれました。

 

誤報でも良かった。あと5分でも早ければお婆ちゃんの命が助かったかも知れない・・・

 

 

地震の体験が無ければ出ない言葉だと思います・・・・

 

災害にて被害を受けた方は誤報であっても警戒するんです。

 

 

一般の方ならば迷惑千万な出来事ですが、被災を経験された方々には誤報でも有難いのだと思います・・・

 

だって、誤報も地震は実際に起きているのであって、その大きさの違いなんですから災害発生には違いない。

 

 

 

 

 

備えあれば患いなし

 

 

 

 

体感によって感じ方が違うのならば早めに知らせが来るのも「良し」と思うのが良いのでしょうね。

 

誤報」には腹も立つかも知れませんが、それにより、たたき起こされ命助かる事もあるかも知れません。

 

私の地域には地震も少なく、非常用の備えの準備もしていません。

 

平和ボケの代表みたいな私なんですが、こと大雨に対しては敏感です。

 

40年余り前に「長崎大水害」を経験し、実際に多大な被害を体験しました。

 

会社の事務所は鉄砲水にて1.8mの高さまで浸水し、自家用車や駐車場の車20数台がプカプカと浮いて流されてしまいました。

 

市内に通じる国道は寸断され、その後は何カ月も山道を迂回しながら通勤したのを今でも鮮明に覚えています。

 

明けても暮れても進まない後片付けにいら立ちを感じながらも、人々の暖かい支援も身に染みて覚えています。

 

年老いてボランティア活動には参加するような体力はもうありませんが、その分他の事で支援をしたいと思います。

 

今回は地震の後のツイートを見て「人それぞれの感じ方」を感じました。

 

 

それが身体の五感によって違うのらば大変です。

 

 

何の準備もしていない、平和ボケした私が云うのもおこがましいのですが、

 

 

備 え あ れ ば 患 い な し  

 

昔の人は良い事を云ってます。

 

関連記事

ペットの猫のお土産は感謝の気持ちか、狩りの自慢か?ありがた迷惑けどね

今日はうちのペットの愛猫について書きたいと思います。   ネコ好きの皆さんは理

記事を読む

七十二候。米津玄師も歌にする春雷ももうそこまで来ています。

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。 二十四節気をさ

記事を読む

優先席が空席、どうする?見た目は健常者でも具合いが悪いんだよね・・

  先日、ニュースで優先席の使用をめぐってトラブルになったという事を報道していました

記事を読む

no image

なつぞらのなつがパクリとやってしまったのか?疑惑の正体は何?

  毎日毎日朝の時間に悲喜こもごもに魅了する15分のドラマ。  

記事を読む

頭蓋骨破壊チャレンジ動画世界で拡散。危険な足払いで頭蓋骨骨折死亡事故も。

    頭蓋骨破壊チャレンジって知ってますか?  

記事を読む

卵 の殻の 色違い栄養価はどっちが上? 有精卵と無精卵の見分け方は?

  私達の食卓に欠かせないニワトリのタマゴ   筆者のうちでも

記事を読む

新型コロナ肺炎のピークは4月から5月予想。心無いデマ拡散に要注意!

  この記事を書いてる1月29日現在において、中国にて新型肺炎の感染者の数が5900

記事を読む

池江璃花子さんの白血病、ピアスの穴開けや歯石除去でも献血出来ません!

白血病は誰でも発症するような病気です。   女子競泳の池江璃花子選手の突然の病名発

記事を読む

60過ぎでも40肩?突然の腕・肩の痛みに耐えられない症状の緩和ケア

突然に肩の痛みに襲われました。   車の運転中に、信号待ちにて後部座席の帽子を

記事を読む

歌のお兄さん。だんご3兄弟にマジンガーZ。ビューティフルサンデーに、はいだしょうこさんと歌のコンサート

NHKの「おかあさんといっしょ」   皆さんも子供さんと一緒にお世話になった方も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑