*

巻き爪が痛い !変形?ツメがくい込んで痛い時の応急処置と巻き爪の予防法

公開日: : 生活

年齢を重ねて参りますと身体に色々な変化が起こります。

私も60代となりましてから色々な身体の変化がありました。

まず1番は肥満と血圧の上昇でしょうね。

 

人間誰しもが大なり小なりの悩みはお持ちと思いますが、病気以外でも身体の変化が訪れます。

自分自身の事を恥を忍んで書きますと、若い頃には想像もしなかった「薄毛」と「巻き爪に変形」になってしまいました。

 

薄毛に付きましては遺伝もあるし、近年スキンヘッドにされる方も多くなりましたから、さほど苦になりませんが「巻き爪」については深刻問題です。

 

何せ「  痛い!! 」んです。

 

靴を履くと親指の端の肉に爪がくい込んで体重がかかると痛みが走るんです!!

 

見た目的にはそれ程酷くもなく、赤くなっている程度です。

 

裸足の折に親指の爪を見ましたら左足の親指の爪の端側が90度に湾曲していました。

 

 

本来は、私の爪の格好は平べったくて、縦よりも横に広い格好の悪い形なんです。

 

 

  こんな感じの爪の格好です

 

 

昔から親には「こんな爪の形は器用なんだぞ」と云われてきましたが、

「そんな事ある訳ないじゃん。爪の格好の悪いのを慰める為に言ってるんだ」と思っていました。

 

まっ、日常生活に支障がある訳でもないし気にもしてなかったのですが、ある日ふいに「何か足が痛いなあ」と思いながら見てみると

端側が曲がっていたんです。

 

    写真は私のではありませんが参考にと掲載しました。

 

年を取ると歯も弱りますが、爪ももろくなりますね。

それに変形もしてきます。

 

手の爪だって平べったいのが反り返ってきています。

爪を切ってると、石灰化したみたいで爪が割れてしまいます。

老化現象」なんでしょうが痛みを伴なうやつはどうにかしないといけませんよね。

 

私は若い頃に入院したことがあるんですが、その時の大部屋の隣の患者さんが「巻き爪の手術」でした。

聞いてみると「歩けないほど痛い」らしいんです。

手術は「局部麻酔にて爪の端の方を切って、何とかこうとか・・・」

 

その時は、失礼ながら自分には関係が無い病気だと真剣に聞いてはおりませんでした。 m(__)m スミマセン

 

 

 

 

巻き爪になる原因

 

私は高校時代はサッカー部に所属し、成人になってからはゴルフを楽しんでいました。

 

それなりにサッカーシューズを履き、ゴルフシューズを履いてプレーしてきた訳ですが、それでも爪の変形はありませんでした。

 

近頃の運動と云えるのは近所の運動公園でのウオーキング位なものなんです。

 

そんな私でも年を取ってから「巻き爪」になるのですから年齢的なものと考えるしかありません。

 

「巻き爪」の原因となる物を調べてみますと、

  •  足への負担が大きいスポーツ
  •  パンプスなど、先の細い靴を履き続ける
  •  間違った爪の切り方
  •  長時間の歩行
  •  立ち仕事や肥満による過度の体重負荷と下半身の血流障害
  •  寝たきり
  •  栄養不良

他にも怪我や遺伝的要因(骨格構造の異常)もあるそうですが、大まかにはこんな感じでした。

 

私の「巻き爪」で考えられるのは先の細い靴長時間の歩行ですかねぇ・・・

後は、老化現象と栄養不良もあるのかなあ。

 

 

 

 

痛みを和らげよう

 

応急処置とは大げさなんですが、痛い所はさわれません。

 

まずは、足爪に圧迫感を与えない事。

靴や靴下でも痛いのですから履物を変えて指に負担の無い先の太い形状のものや、許されるのならばサンダル形状で先端部が無いような物が良いですね。

 

爪が当たって痛くてたまらない時にはテーピングにて矯正してみて下さい。

 

爪の長さに相当する2.5mm幅の粘着性伸縮テープを25cmほどに切り、陥入爪側の趾の皮膚の爪ギリギリの線に貼り、外側に引っ張りながら趾を一周ようにして足底から足背にかけて貼る。

歩行する事によって足底のテープの重みで引っ張られて陥入爪に接する趾の皮膚が爪から離れるように作用して爪の食い込みを予防する事が期待できます。 (ヒロオカ・マッカーシー法参考)

 

ヒロオカ・マッカーシー法と云うテーピングを参考にさせて頂いたのですが、何ともはや痛みは和らぎます。

 

爪がくい込んで当たってる所は、皮膚や肉も腫れてるわけですから腫れを引かすのが先決です。

 

あまりに傷みがある時は無理は禁物ですよ。

先に圧迫から解放して下さいね。

 

 

 

予防法

 

私の「巻き爪」の要因に大事な事がありました。

 

「間違った爪の切り方」 も考えられるのです。

 

 

 

私の爪の切り方は性格とは裏腹に、律義に深爪なんですよ。

 

爪の形に添ってギリギリまでカットしてるんです。

この切り口が皮膚に当たり傷つけているみたいですので深爪は禁物です。

出来るならば、爪は切らないで「ヤスリで削る」方が良いそうです。

削り方は、ヤスリを爪・指の先端部に当てて、飛び出ている部分を削ります。

 

切り口も鋭角にならないし、何よりも傷つけないで安全ですよね。

 

 

それに、靴が最大の原因です。

ハイヒールや先の細い靴を長時間履いてると変形の元凶です。

 

私も安い靴を買ってしまった時に履き心地に少し違和感を感じたのですが、「せっかく買ったのに勿体ない」と我慢したのがいけなかったのです。

歩いてる時に外側に体重が掛かるような感じで、足が少し傾く感じだっんですがそれから痛みがで出しました。

 

靴の形状も足に負担の無いものにするようにして、子供さんでも痛がるような靴は無理に履かせないで下さい。

せっかく買ったのにとケチっていたら治療代の方が高くつきますよ。

 

 

まとめ

 

 

 

 

私たちが歩くとき、足の爪は地面を押し返し、蹴り出す力を伝える役割があります。

爪がなくて肉だけの場合では、うまく力が入らずに大地を踏みしめる事も出来ません。

 

爪の形状によって痛みが出ては生活に大変な影響を与えます。

 

巻き爪は酷くなったら手術も必要になるんです。

 

早め早めに予防をして下さい。

 

万一の場合は早めの診療が良いです。

 

保存的療法(切らない方法)

  •  テーピング法
  •  ワイヤー矯正法
  •  超弾性クリップ法
  •  アクリル樹脂人口爪法
  •  ガター法:ゴム性のチューブを巻く治療法

 

外科的療法(切る方法)

  •  手術で、食い込む爪や爪母(爪が作られる部分)を切り取り、薬品で処理して、部分的に爪を生やさないようにします。
    結果的に爪の幅は狭くなります。

 

爪の変形は外的要因が大きいと思いますので普段から自分で出来る事をしましょうね。

 

  1.  爪は深爪しないよう、出来ればヤスリで削る
  2.  先端部が細い、圧迫するような靴は長く履かない

 

それだけでも心がけて下さいね。

 

 

 

関連記事

定期検査の血液検査の結果、肝機能の数値の異常で禁酒中!

    今回は私事の記事にて。    

記事を読む

虫刺されの原因に茶毒蛾?毒針毛は目に見えず洗濯物にも付着。対処法は?

    夏のある日に突然のかゆみ・・・   蚊

記事を読む

ウォーキングの落とし穴!1万歩は歩き過ぎ?身体を壊す危険も背中合わせ

  健康へのバロメーターとして言われる一日一万歩のウォ―キングの薦め。 &nb

記事を読む

ぴかぴかスマイル、よしお兄さんありがとう。福尾おにいさんのたいそうが始まるよ

おかあさんといっしょ、体操のお兄さん交代 14年ぶり NHKの幼児番組。今年で60周年を迎える『お

記事を読む

欽ちゃん走りで笑っても、松本走りと茨木ダッシュ等は笑えない⁉

  萩本欽一さんと坂上二郎さんのコント55号を覚えていますか? その中のギャグ

記事を読む

敬老の日のプレゼントに60代のお爺ちゃんが嬉しい物は果たして何だろうか?

  9月の第3月曜日は敬老の日がやって来ます。   私もそのよ

記事を読む

冷凍食品 リピーター続出。業務スーパーお薦めは?2019ランキング5

  その豊富な品揃えと安さから、常にお世話になっている業務スーパー。 &nbs

記事を読む

新入学の小学1年生が早くも登校拒否行動。原因究明と対策は親?学校?

  4月も半ばに差し掛かり、ちょっとした光景を見ました。  

記事を読む

日焼けした火傷(やけど)のような痛みやヒリヒリ感を早く治す 処置法

      毎年異常な程の暑さが続き、熱中症

記事を読む

宝塚入学試験に大学入学受験 人生岐路不合格 

宝塚歌劇団への道   TVにて宝塚音楽学校の合格発表があってました。 全国各

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑