*

リレーメンバーのバトンの失敗のメンバーと、受け渡しの規則違反ルール

公開日: : スポーツ

 

陸上世界リレー大会が5月11日にドーハ世界選手権(9月開幕)の出場権を懸けて横浜・日産スタジアムで開幕

していますが、その男子400メートルリレーの予選で予期せぬ出来事が起こりました。

 

連係ミスにて日本チームがまさかの失格となってしまったのです。

 

 

リレーメンバーの、まさかのバトンミス

 

日本チームの 400mx4 のバトンリレーはオリンピックでも世界のトップクラスの技術です。

 

その自信たっぷりのバトンパス(受け渡し)にてまさかの失敗をしてしまいました。

 

メンバーは、

①走者     多田修平(22=住友電工)

②走者     山県亮太(26=セイコー)

③走者     小池祐貴(23=住友電工)

④走者     桐生祥秀(23=日本生命)

 

ちなみに、リオ五輪銀メダルメンバーの時の、ケンブリッジ飛鳥(25=ナイキ)と飯塚翔太(27=ミズノ)は欠場。

 

それで今回は、1走を務めていた山県亮太(26=セイコー)が2走に、3走の桐生がアンカーと区間変更している。

 

問題の場は3走者からアンカーの桐生へのバトンパスだった。

 

バトンが宙に浮く“お手玉”のような状態になってしまったんです。

 

 

 

 

 

違反(失格)理由とは

 

お手玉状態にてアンカーの桐生選手に渡せはしましたが、

競技規則第170条6.(a)の違反と取られました。

 

 

この項目にバトンは競技中手でもち運ばなければならながあります。

 

 

これにより、小池選手から桐生選手へバトンが渡った時に“お手玉”のようになったことが、

 

空中で投げ渡したと判定されたのです。

 

普通に考えれば、落とさずに渡せば行けそうなかんじですが、やはり世界で戦うレベルは

凡人の我々には想像の付かない世界だと後のコメントを聞いて思いました。

 

『握手するくらいの間で、若干近い位置で桐生君とは(バトンの受け渡し)なってしまった』と。

 

あの全速力にて走りながら、ひと拳の差で調整しているんですね。

 

 

 

100mを10秒で走ると車だったら時速は

 

短距離走者が100mを10秒で走ると、

 

一時間3600秒ですから、一時間で36,000メートルってことになります。

36,000メートルは36キロです。

 

時速36㎞のスピードだったら素人の我々でも実感が湧くでしょう。

 

走りながら握りこぶし1個分の調整がいるんですよ。

 

単に、手をいっぱい伸ばして渡せば良いって事じゃないんですね。

 

 

レース後の桐生選手も、

「バトンミスはリレー生活の中でもなかったので、難しさをあらためて感じた。

失敗しないだろうという緩みがあったのかもしれない」

 

「集中しないとミスしてしまうことを感じた」と。

 

来年の東京オリンピックの前に課題が持ち上がりましたが、

逆に考えればオリンピック本番で無くて良かったような気がします。

 

 

これがオリンピックの決勝戦での事だったら、悔やんでも済む問題ではないでしょうからね。

 

 

 

 

 

その他のバトンパスのルール

 

他にもバトンパス(受け渡し)の時の規定がありますので記載しておきます。

 

★バトンのパス(受け渡し)はテイク・オーバー・ゾーン内で始まり終えること。

★テイク・オーバー・ゾーン内か外かはバトン全体の位置できまる。選手の身体の位置ではない。

★テイク・オーバー・ゾーンには入口のラインは含まれるが出口のラインは含まれない。

★4×400mリレーの第2走者から第3走者と第3走者から第4走者へのバトンパスは、レーンが分かれていない。

次走者が並ぶ順番は前走者が第2曲走路入り口を通過した順序で以後かえてはならない。

★バトンを落とした時でも、落とした選手が拾い、他のレーンにバトンが転がり出た時は、

他のレーンの選手のじゃまをせず、バトンが出た場所から自分のレーンに戻れば構わない。

 

 

追記  2019・05・12

この記事を書いてる時に素晴らしいニュースが入って来ました。

 

サニブラウン・ハキーム選手が11日(現地時間)、アメリカ・アーカンソー州で行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝に出場し、9秒99をマークして優勝しました。

9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀手に続き、日本選手として2人目の9秒台です。

 

 

関連記事

長崎海星高校、古豪が復活!OB平田勝男や酒井圭一に美輪明宏も応援だ!

古豪 復活!   長崎海星高校野球部が、5年ぶり18度目の夏甲子園を決めた。

記事を読む

小笠原茉由 の家族構成と、父親の野球人生記録は凄いぞ!!

  「なんば発、小笠原特急 みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん」 のキャッ

記事を読む

日本選手権の9秒台記録の陰で102歳の現役スプリンターが100mを完走。

  第103回日本陸上競技選手権大会が博多の森陸上競技場で行われていますが、100m

記事を読む

青学大・吉田祐也の快走で共にブルボンも頭が痛い!どうする内定?

    昨日2020年2月2日に行われた別府大分毎日マラソンで青山学

記事を読む

闇営業問題はお笑い界だけではない。相撲界だって蔓延してるんです。

  吉本興業の芸人さんが詐欺師グループの御呼ばれに参加し、金品を貰っていたことが判明

記事を読む

ラグビーワールドカップ2019の優勝を占う。サモアの選手の実力は?

    まずは、サモア代表チームの迫力ある闘い前の儀式「シバタウ」か

記事を読む

2019年第日本陸上競技選手権女子5000mの廣中璃梨佳の下剋上なるか?

2019年第103回の日本陸上競技選手権も100mのレースも終わり、最終日となりました。 &n

記事を読む

林田洋翔がやってくれました。北九州地区予選の結果と、彼の進路は?

  長崎県高校総体にて実力を示した林田君が北九州地区予選会に出場!  

記事を読む

相撲界に巨漢新弟子登場。過去の重量級・最身長・体脂肪率比べ

巨漢の新弟子があらわれた! 3月10日に初日を迎える春場所(エディオンアリーナ大阪)の新弟子検

記事を読む

2019年 井上尚弥の次の試合決定!いつ何処で相手の力量は?

WBA バンタム級王者 井上尚弥(大橋)の次戦決定   ボクシングのワールド・ボク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑