*

渋野日向子が全英オープンでタラタラしてんじゃねえよを食べながら優勝

公開日: : スポーツ

樋口久子さん以来の快挙達成!!

 

ばんざ~~い \(^o^)/ \(^o^)/

 

1977年の「全米女子プロ選手権」以来となる日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇を成し遂げた渋野日奈子さん。

 

しかも初出場での初優勝とは恐れ入りました。

 

その快挙達成時のインタビューの受け答えも大したものです。

 

解説者の樋口久子さんも「新人類」と舌を巻いていましたね。

 

 

 

 

 

渋野日向子と云うゴルファー

 

生年月日   1998年11月15日

 

三人姉妹の二女で、両親は陸上競技の投擲をしていたそうです。

父親    円盤投げ

母親    やり投げ

 

渋野日向子さんは、小学校2年生の8歳の時にゴルフに出会い、同時にソフトボールも始めたそうです。

 

ソフトボールのポジションは投手となり、バッテイングは左打ちだったとか。

 

別記事にも書きましたが、女子プロゴルファーの歴代の優勝者の中にはソフトボール経験者が多数いますよ。

 

 

渋野日向子もか。ソフトボールで女子ゴルファーがゴルフが上手くなる訳

 

 

1998年生まれには、黄金世代と言われている勝みなみ、畑岡奈紗、三浦桃香、原英莉花、新垣比菜、小祝さくら、松田鈴英等と好選手がひしめき合っていますよね。

失礼ながら、現在のプロゴルフの中継はは男子のゴルフ中継よりも女子のプロゴルフの方が面白いです。

 

毎回毎回、新人が躍進してきて優勝争いを面白くしている感じですから、一時期の外国人同士の優勝争いよりも面白い。

 

ジュニア時代より切磋琢磨してきた仲間たちが大勢いるのでしょうね。

 

そして、その若い人の優勝者の誰もが物おじしないのには年配者の私には「驚愕」の一言です。

 

 

 

 

プレー中に補給の食事

 

 

近頃のゴルファーはラウンド中によく食べ物を口にしていますよね。

 

私も以前にゴルフをしていた頃は、バナナやチョコレート、飴玉に清涼飲料水を持っていました。

 

小腹を満たす目的もありましたが、主には緊張をほぐす為に口にしていました。

 

しかしながら、それを口にするのはティグランドにて前のプレーヤーが済むのを待つ間だったり、ホール間の移動の時だったりです。

 

いまの人たちはラウンド中のフェアウエーを歩きながらでも口にしていますよね。

 

同じ仲間の勝みなみちゃんもお母さんのおにぎりを頬張り、今回の渋野日向子選手も大好きな駄菓子を口にしていました。

 

でも、今時の͡娘には不思議にその様子がさまになってるんです。

 

男子のプロが咥えタバコでもしようものなら、たちまち避難ブーブー。

 

若い人の特権と云うか時代の流れと言うのか・・・・

 

そんな中、渋野日向子選手が口にしている駄菓子が気になりました。

 

「はて?」

 

「何か以前に見たような・・・・??」

 

チラリと駄菓子の袋の名前が見えました。

 

「?。タラタラ○○○○」

 

「あっ!」

 

「タラタラしてんじゃねえよ!だ。」

 

 

 

 

当時の小学生の人気駄菓子

 

 

8年ほど前になりますが、当時知り合いの小学生の女の子のMちゃんという子がいました。

 

その子がうちに遊びに来るときにコンビニでお菓子を買ってくるんです。

 

何種類かの駄菓子を買ってきて食べていたのですが、その中にその「タラタラしてんじゃねえよ」という駄菓子が必ずありました。

 

「それ、なに?」

 

「ん? これタラタラしてんじゃねえよだよ」

 

「へえ~~、変わった名前のお菓子やねえ。おいしいの?」

 

「うん。おじちゃんにもひとつあげる」

 

「いいよ。おじちゃんはお菓子は好きじゃないからMちゃんが食べなさいよ」

 

そんな会話をしていたのを思い出しました。

 

年齢を考えてみますと、渋野日向子選手と変わらないような年頃になっている筈です。

 

魚のタラ(鱈)から取ったネーミングでお菓子というより、おつまみ風のステックタイプの菓子でした。

 

当時の小学生女の子にも人気で、よく皆さん食べていましたねえ。

 

Mちゃんが大好きな駄菓子だったから、減るのが可哀想でしたので貰って食べませんでしたが、どんな味だったんだろう?

 

ひとつ貰って食べていたら、少しは渋野日向子選手の気持ちがわかったかな?

 

 

 

 

最後に

 

初出場で42年振りにメジャー制覇を成し遂げた渋野日奈子さん。

 

今から注目の選手となる事と思います。

 

でも、この年代が現在の日本の女子ゴルフを牽引しているのは紛れもない事実です。

 

皆さんが口を揃えたように云うのが「目標は宮里藍さん」

 

彼女らの幼き頃に出現して、一躍世界で活躍、そして昨年度に引退した宮里藍さんを目標とされていました。

 

私らの年の頃は「あこがれ」でしたが、最近は「目標」に変わっているんですね。

 

そして、

 

それが低年齢化して、どのスポーツの分野においても成し遂げられているように思います。

 

女子プロゴルフ界も戦国の世の戦いが繰り広げられています。

 

今年は何人の初優勝者が出る事でしょう。

 

一歩先に抜きんでた渋野日向子選手におめでとうと言いつつも、これに甘んじる事無く連続優勝を期待しますよ。

関連記事

2019年第日本陸上競技選手権女子5000mの廣中璃梨佳の下剋上なるか?

2019年第103回の日本陸上競技選手権も100mのレースも終わり、最終日となりました。 &n

記事を読む

萩野さんと戦いたい!カツオの愛称、松元克央。200フリーで派遣標準記録突破だ。

200自由形、水泳界のカツオこと松元克央とは   競泳の世界選手権(7月・韓国)代

記事を読む

大相撲・遠藤関がお嫁さんをお姫様抱っこ?憧れの力士が結婚していた!

  9月場所も関脇の御嶽海が優勝を飾り、今や全盛の盛りを過ぎた感のある横綱二人に変わ

記事を読む

やったぞ廣中凜々花選手!日本選手権5000m3位で東京オリンピックも手に届くぞ!

    日本選手権陸上競技選手権最終日の女子5000mで廣中凜々花さ

記事を読む

林田洋翔がやってくれました。北九州地区予選の結果と、彼の進路は?

  長崎県高校総体にて実力を示した林田君が北九州地区予選会に出場!  

記事を読む

元大関 琴欧洲の鳴門部屋に大物新人入門!新大関の同級生の強者だ!

  相撲界では次の五月場所、令和元年5月12日~5月26日に向けて猛稽古の真っ最中!

記事を読む

小笠原茉由 の家族構成と、父親の野球人生記録は凄いぞ!!

  「なんば発、小笠原特急 みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん」 のキャッ

記事を読む

陸上競技の競歩の過酷さはマラソンより上?高総体での競技に感服!

  先日、高総体を見に行きました。   身内が出ている訳でも無

記事を読む

ラグビーワールドカップ2019の優勝を占う。ロシアの選手の実力は?

欧州予選3位だったが、上位のルーマニア、スペインに代表無資格の選手を出場させ

記事を読む

長崎海星高校、古豪が復活!OB平田勝男や酒井圭一に美輪明宏も応援だ!

古豪 復活!   長崎海星高校野球部が、5年ぶり18度目の夏甲子園を決めた。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑