*

1978年のマスターズにて魔女に取り憑かれた中嶋常幸の悪夢は覚めたのか

公開日: : 最終更新日:2019/04/14 スポーツ

今年もゴルフの祭典マスターズが開幕しました。

 

世の100叩きゴルファーの皆さんも朝早くからテレビ画面に釘付けでしょう。

 

お馴染みのプロゴルファー中嶋常幸さんが今年も解説者としてスタンド観戦です。

 

この素晴らしいオーガスタのゴルフ場に毎回来られて解説する中嶋常幸さんは

 

もう悪夢からは覚めたのでしょうか?

 

マスターズトーナメント

 

アメリカ合衆国ジョージア州オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラを会場に開かれている

 

ゴルフメジャー選手権のひとつ。

 

1934年から開幕しており、毎年4月2週目の日曜日に最終日を基準に開催される。(日本時は月曜)

 

出場選手は前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者、メジャー優勝者など。

 

招待資格を満たす名手(マスター)たちしか出場できないことから「ゴルフの祭典」として敬愛されている。

 

コースの設定は非常に厳しく、グリーンに至っては他に類を見ないほどに高速に仕上げてある。

 

それが「オーガスタのグリーンには“魔女”が棲(す)む」とよく言われる由縁ですね。

 

 

とりわけ、INの11番・12番・13番の3つのホールに至っては「神に祈る」

 

と言う意味も込められたのかは分からないが別名《アーメンコーナー》と呼ばれています。

 

クリークがグリーンの前を遮り、ショットが短ければクリークに入るし

 

奥に外せば長く伸ばされたラフと下り傾斜の高速グリーンが待ち受ける。

 

毎回決勝ラウンドになれば、グリーンを取り巻く高い木々の上を

 

魔女の使いのように突風がボールを叩き落すのである。

 

こんな難コースでゴルフをした日にゃ、我々クラスは

 

朝早くスタートしても何時に帰り着くことが出来るのか分かったもんじゃないですね。

 

途中でギブアップして、今後しばらくは「ゴルフはもういい」なんて事になるかも。(笑)

 

こんな素晴らしいゴルフのトーナメントを中嶋常幸さんが毎回解説者として登場するのは

 

実力者ゆえに出場した事も勿論ですが、他にも理由があるんです。

 

 

 

 

解説者・中嶋常幸の実力

 

今でこそ人気のゴルファーは松山英樹や石川遼、小平智君と若い人が活躍していますが、

 

昔は大人のスポーツだったんですよ。

 

現在の50代60代の世代には、ジャンボこと尾崎将司、世界のアオキこと青木功

 

この二人を追っていたのが解説者の中嶋常幸さんなんです。

 

 

共に日本男子プロゴルフ界を代表する名選手で、

 

3人の姓を合わせて「AON時代」と呼ばれ一時代を築いておりました。

 

中嶋常幸さんは日本ゴルフツアーで48勝を挙げています。

 

日本ツアー賞金王にも4度輝き、永久シード権も獲得しているような素晴らしい選手なんです。

 

 

彼はマスターズにも11度も出場しており、最高成績は1986年に8位タイの記録があり

 

1986年全英オープン       8位

 

1987年全米オープン      9位

 

1988年全米プロゴルフ選手権  3位

 

と、世界4大メジャー大会に於いてトップ10入りした日本人唯一のプレイヤーなんです。

 

その彼にも苦い苦しい思い出があるんです。

 

 

 

マスターズに於いて

 

1978年、初出場の年でした。

 

予選2日目の13番ホール

 

最後のアーメンホールのパー5 (5打で上がれば良し)

 

 

此処で

 

魔女が目覚めたんです。

 

 

 

このホールで2回、ボールをクリークに吸い込まれ

 

11オン2パットの13打と魔女の洗礼を受けたんです。

 

 

あの時の中嶋選手の顔は忘れられません。

 

打つたびに顔色が画面越しに変わるのがわかるほどでした。

 

素人ならば『ギブアップ』の宣言をすれば済むものですが

 

世界のひのき舞台にては出来ない相談です。

 

このホールを除く17ホールのこの日の中嶋さんは全てパー

 

こんな事って考えられます?

 

 

 

解説者として

 

11番ホール、12番ホール、13番ホール

 

この3ホールが通称【アーメンコーナー】と呼ばれており、

 

今でも中嶋常幸さんの13打は アメリカで(テレビ中継時などに)語り継がれる お話になっているといいます。

 

 

マスターズに出場した選手の中で

 

13番ホールに付いて

 

中嶋常幸さんのコメントが多分1番似あうんだと思います。

 

 

 

だから

 

毎年ゲスト解説者でいるんです。

 

13番ホールの解説を聞いていると、

 

我が事のように話されていますね。

 

もうそろそろ

 

オーガスタの魔女から解放されましたか?

 

 

 

関連記事

廣中璃梨佳 、日本郵政実業団入りでの今後の種目でオリンピックは大丈夫?

  長崎商業高等学校の廣中璃梨佳 さん。   進路が日本郵政に

記事を読む

林田洋翔がやってくれました。北九州地区予選の結果と、彼の進路は?

  長崎県高校総体にて実力を示した林田君が北九州地区予選会に出場!  

記事を読む

萩野さんと戦いたい!カツオの愛称、松元克央。200フリーで派遣標準記録突破だ。

200自由形、水泳界のカツオこと松元克央とは   競泳の世界選手権(7月・韓国)代

記事を読む

日本代表選出決定!ラグビー日本代表になった外国人枠の資格とは?

  ワールド杯に向けて日本代表選手が選出されました。   第1

記事を読む

貴乃花の教えは生きている。元貴乃花部屋の双子の兄弟力士が同時優勝だ‼

  平幕の朝乃山が初優勝を飾り、喜びを爆発している相撲界ですが、 地味ではあり

記事を読む

Wカップラグビーを盛り上げるLittle Glee Monsterが唄うテーマ曲「ECHO」

ワールドカップラグビーの開催まで日が迫って来ましたね。 そんな中で、盛り上げてくれるのがテーマ

記事を読む

やったぞ廣中凜々花選手!日本選手権5000m3位で東京オリンピックも手に届くぞ!

    日本選手権陸上競技選手権最終日の女子5000mで廣中凜々花さ

記事を読む

陸上競技の競歩の過酷さはマラソンより上?高総体での競技に感服!

  先日、高総体を見に行きました。   身内が出ている訳でも無

記事を読む

MGCに長崎から出場者のMHPSの3人の近況・コンディションは?

  来年の東京オリンピックのマラソンランナーの代表選出レースのMGC(マラソングラン

記事を読む

エイミー・コガの生い立ちと素顔。モデルも顔負けのスタイルで他を圧倒

  2018年プロテストトップ合格の23歳の進撃だ。   &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

優先席が空席、どうする?見た目は健常者でも具合いが悪いんだよね・・

  先日、ニュースで優先席の使用をめぐってトラブルにな

ミノムシ(蓑虫)の親は何?ミノムシの蓑(ミノ)は毛糸や布でも出来る?

  ちょっと寒くなって来たらうちの猫はバスタオルにくる

お彼岸は春と秋にあるけど何故?ヒガンバナの花言葉とお彼岸にはどんな関係が?

  夏が過ぎ涼しくなって来たらお彼岸になりますね。

2019年限りの祝日?10月22日は日本人にとって何のお祝い?2020年以降は?

  天皇陛下が今年4月30日限りで御退位され、皇太子殿

敬老の日のプレゼントに60代のお爺ちゃんが嬉しい物は果たして何だろうか?

  9月の第3月曜日は敬老の日がやって来ます。

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑