*

1978年のマスターズにて魔女に取り憑かれた中嶋常幸の悪夢は覚めたのか

公開日: : 最終更新日:2019/04/14 スポーツ

今年もゴルフの祭典マスターズが開幕しました。

 

世の100叩きゴルファーの皆さんも朝早くからテレビ画面に釘付けでしょう。

 

お馴染みのプロゴルファー中嶋常幸さんが今年も解説者としてスタンド観戦です。

 

この素晴らしいオーガスタのゴルフ場に毎回来られて解説する中嶋常幸さんは

 

もう悪夢からは覚めたのでしょうか?

 

マスターズトーナメント

 

アメリカ合衆国ジョージア州オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラを会場に開かれている

 

ゴルフメジャー選手権のひとつ。

 

1934年から開幕しており、毎年4月2週目の日曜日に最終日を基準に開催される。(日本時は月曜)

 

出場選手は前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者、メジャー優勝者など。

 

招待資格を満たす名手(マスター)たちしか出場できないことから「ゴルフの祭典」として敬愛されている。

 

コースの設定は非常に厳しく、グリーンに至っては他に類を見ないほどに高速に仕上げてある。

 

それが「オーガスタのグリーンには“魔女”が棲(す)む」とよく言われる由縁ですね。

 

 

とりわけ、INの11番・12番・13番の3つのホールに至っては「神に祈る」

 

と言う意味も込められたのかは分からないが別名《アーメンコーナー》と呼ばれています。

 

クリークがグリーンの前を遮り、ショットが短ければクリークに入るし

 

奥に外せば長く伸ばされたラフと下り傾斜の高速グリーンが待ち受ける。

 

毎回決勝ラウンドになれば、グリーンを取り巻く高い木々の上を

 

魔女の使いのように突風がボールを叩き落すのである。

 

こんな難コースでゴルフをした日にゃ、我々クラスは

 

朝早くスタートしても何時に帰り着くことが出来るのか分かったもんじゃないですね。

 

途中でギブアップして、今後しばらくは「ゴルフはもういい」なんて事になるかも。(笑)

 

こんな素晴らしいゴルフのトーナメントを中嶋常幸さんが毎回解説者として登場するのは

 

実力者ゆえに出場した事も勿論ですが、他にも理由があるんです。

 

 

 

 

解説者・中嶋常幸の実力

 

今でこそ人気のゴルファーは松山英樹や石川遼、小平智君と若い人が活躍していますが、

 

昔は大人のスポーツだったんですよ。

 

現在の50代60代の世代には、ジャンボこと尾崎将司、世界のアオキこと青木功

 

この二人を追っていたのが解説者の中嶋常幸さんなんです。

 

 

共に日本男子プロゴルフ界を代表する名選手で、

 

3人の姓を合わせて「AON時代」と呼ばれ一時代を築いておりました。

 

中嶋常幸さんは日本ゴルフツアーで48勝を挙げています。

 

日本ツアー賞金王にも4度輝き、永久シード権も獲得しているような素晴らしい選手なんです。

 

 

彼はマスターズにも11度も出場しており、最高成績は1986年に8位タイの記録があり

 

1986年全英オープン       8位

 

1987年全米オープン      9位

 

1988年全米プロゴルフ選手権  3位

 

と、世界4大メジャー大会に於いてトップ10入りした日本人唯一のプレイヤーなんです。

 

その彼にも苦い苦しい思い出があるんです。

 

 

 

マスターズに於いて

 

1978年、初出場の年でした。

 

予選2日目の13番ホール

 

最後のアーメンホールのパー5 (5打で上がれば良し)

 

 

此処で

 

魔女が目覚めたんです。

 

 

 

このホールで2回、ボールをクリークに吸い込まれ

 

11オン2パットの13打と魔女の洗礼を受けたんです。

 

 

あの時の中嶋選手の顔は忘れられません。

 

打つたびに顔色が画面越しに変わるのがわかるほどでした。

 

素人ならば『ギブアップ』の宣言をすれば済むものですが

 

世界のひのき舞台にては出来ない相談です。

 

このホールを除く17ホールのこの日の中嶋さんは全てパー

 

こんな事って考えられます?

 

 

 

解説者として

 

11番ホール、12番ホール、13番ホール

 

この3ホールが通称【アーメンコーナー】と呼ばれており、

 

今でも中嶋常幸さんの13打は アメリカで(テレビ中継時などに)語り継がれる お話になっているといいます。

 

 

マスターズに出場した選手の中で

 

13番ホールに付いて

 

中嶋常幸さんのコメントが多分1番似あうんだと思います。

 

 

 

だから

 

毎年ゲスト解説者でいるんです。

 

13番ホールの解説を聞いていると、

 

我が事のように話されていますね。

 

もうそろそろ

 

オーガスタの魔女から解放されましたか?

 

 

 

関連記事

元大関 琴欧洲の鳴門部屋に大物新人入門!新大関の同級生の強者だ!

  相撲界では次の五月場所、令和元年5月12日~5月26日に向けて猛稽古の真っ最中!

記事を読む

大相撲・遠藤関がお嫁さんをお姫様抱っこ?憧れの力士が結婚していた!

  9月場所も関脇の御嶽海が優勝を飾り、今や全盛の盛りを過ぎた感のある横綱二人に変わ

記事を読む

ラグビーワールドカップ2019の優勝を占う。ロシアの選手の実力は?

欧州予選3位だったが、上位のルーマニア、スペインに代表無資格の選手を出場させ

記事を読む

相撲界に巨漢新弟子登場。過去の重量級・最身長・体脂肪率比べ

巨漢の新弟子があらわれた! 3月10日に初日を迎える春場所(エディオンアリーナ大阪)の新弟子検

記事を読む

金谷拓実がアマチュア優勝。マスターズトーナメントも無駄ではなかった

    2019年三井住友VISA太平洋マスターズで金谷拓実がアマチ

記事を読む

林田洋翔がやってくれました。北九州地区予選の結果と、彼の進路は?

  長崎県高校総体にて実力を示した林田君が北九州地区予選会に出場!  

記事を読む

2019年 井上尚弥の次の試合決定!いつ何処で相手の力量は?

WBA バンタム級王者 井上尚弥(大橋)の次戦決定   ボクシングのワールド・ボク

記事を読む

御嶽海の稽古に賭ける俳句の才能。プレバトナンバーワンを獲得。

  5月12日に初日を迎える大相撲夏場所を前に御嶽海が「プレバト」に参戦。 &

記事を読む

長崎海星高校、古豪が復活!OB平田勝男や酒井圭一に美輪明宏も応援だ!

古豪 復活!   長崎海星高校野球部が、5年ぶり18度目の夏甲子園を決めた。

記事を読む

闇営業問題はお笑い界だけではない。相撲界だって蔓延してるんです。

  吉本興業の芸人さんが詐欺師グループの御呼ばれに参加し、金品を貰っていたことが判明

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑