*

ショーケンの 傷だらけの天使  水谷豊  岸田今日子にみる生い立ち

公開日: : 趣味・レジャー

ショーケンこと萩原健一さんが亡くなった(涙)

 

私の少年時代の大スターの萩原健一がお亡くなりになりました。

 

今では強面の俳優さんのイメージが強いですが、前身はグループサウンズのボーカリスト。

 

1960年代のスターと云えばタイガースのジュリーこと沢田研二とテンプターズのショーケンこと萩原健一さん。

 

グループサウンズ全盛期にはその歌声にて失神する女性までもが出るくらいの大人気の人物でした。

 

ザ・テンプターズ(The Tempters)

 

1966年に結成されたアマチュア・バンドが前身。グループ名の由来は、バンドテーマ曲に用いていた、映画『太陽の誘惑』のサウンド・トラックに因んで付けられた。

 

1965年、東京北区十条の朝鮮学校のリーダーが主催るパーティーに呼ばれ、演奏した。

だが、当日ヴォーカルの女性が体調を崩した為出演することが出来ず、バンドだけで出演し歌抜きの演奏をしていた所、会場からブーイングが起こった。

その為、リーダーがその時パーティーを任されていた最年少の中学生の少年を指名し、ボーカルの代わりをするよう要請した。

 

その中学生の少年が後のショーケンこと萩原健一だった。

 

きちんとした歌の練習などをした経験がなく、また大勢の人を前にして歌ったことがなかった萩原は、突然のことだった為とまどったが引き受け、ビートルズの「マネー」とアニマルズの「悲しき願い」を歌った。

 

会場には萩原の友人が多く、最年少だった萩原がステージに上がって歌ったので、大喝采となり拍手と歓声をあびた。

 

演奏を終えた後、ギターリストの松崎由治が萩原を誘い、萩原は前出の女性に代わりそのままボーカルとしてメンバーに加わることになった。

 

「忘れ得ぬ君」でレコードデビューした後「神様お願い!」「エメラルドの伝説」「おかあさん」「純愛」以上4曲のTOP10ヒットを生み、ザ・タイガースとともにグループ・サウンズの最盛期を支えたバンドの一つ。

 

ザ・テンプターズの解散後に俳優として

 

解散後に助監督して製作現場に参加していた時に元の主演俳優が降板してしまった為に代役に抜擢され、それにより

俳優としての才能を見い出され転身します。

TVドラマ『太陽にほえろ!』の初代新人刑事=マカロニ役での殉職シーンが格好良すぎて今でも覚えています。

最後のショーケンの最後のセリフ、

 

「かあちゃん・・暑いなぁ・・」

 

多感な歳の頃で、何故かわかりませんが涙なしには見れませんでした。

 

マカロニの殉職シーンは少々意外で、事件とは何の関係もないゴリさん(石塚刑事)のお見舞いに病院へ行った帰り道。

 

建築現場で立ちション(役柄ですよ)をしていた時にいきなり通り魔に腹部を刺されて命を落としたのです。

このあまりに呆気ない、殉職(正式には職務中ではないので殉職ではありません)シーンは逆にインパクト十分でした。

その後の俳優としての活躍は幾つも思い出があります。

  1. 傷だらけの天使

  2. 前略おふくろ様
  3. 時間ですよ
  4. 居酒屋ゆうれい
  5. 外科医 柊又三郎
  6. 課長サンの厄年 

その中でも好きなのは『傷だらけの天使ですね。

 

オープニング画面の革ジャン姿にサングラス、両耳にしたでっかいイヤホーン。

コンビーフ缶詰を開けて丸ごとかじり、牛乳の瓶の紙ぶたを手を使わずに歯で開け、一気飲み。

学生の頃、萩原健一さんの役柄の木暮修(こぐれ おさむ)のマネをよくしたもんでした。

いや、正直に言えば成りきっていました。

 

傷だらけの天使の共演者で

 

このドラマでの共演者と云うか、木暮修を兄のように慕い、修に張り付いて身の回りの面倒を見ているのが乾亨(いぬい あきら)役だった水谷豊さん。

 

役柄は、今の『相棒』の「特命係」に所属している係長の杉下右京とは似ても似つかないペーペーの役でした。

格好ばかりの使い走りのあんちゃんですね。

主演の木暮修に対して「兄貴ぃー!」と呼び掛けるセリフを「とんねるず」がモノマネしたことから、放送当時を知らない若者にも知られるようになり、現在の地位を築いたと云っても過言では無いと思います。

 

又、悪徳探偵事務所の女社長の岸田今日子さんの名演技も見逃せません。

 

文学座に所属し、ブルーリボン助演女優賞を受賞するなど一世を女優として名をはせた方が異色の役にて存在感を醸し出す姿は、当時の岸田今日子 さんを知らなかった私には新鮮な女優さんの発見でした。

 

あの、ちょっと不気味な(失礼)顔立ちとしゃべり方。

 

何となく人を寄せ付けないような風貌に、存在感を示されておられました。

後にはファンの一人として、渡辺謙主演の「御家人九郎」の母親役『松平麻佐女』様の大ファンとなりました。

 

今でも「御家人九郎」再放送を楽しみに拝見しております。

 

これからショーケンこと萩原健一さんの出演されたドラマや映画の再放送が沢山始まる事でしょうが、私の青春時代の良き思い出の1ページとして拝見したいと思います。

 

関連記事

朝ドラにあのクラリオンガールが来たあー。烏丸せつこが混乱招く?

  2月12日のNHKの朝ドラ「スカーレット」もいよいよ後半に突入しましたね。

記事を読む

土用の丑の日は国内産ウナギ?中国産ウナギ?うま味の違いと危険度は?

  梅雨が明け、夏の到来の前には土用の丑の日にウナギを食する。  

記事を読む

ひな祭りの季節です。長崎では桃カステラで桃の節句のお祝いだあ。

花屋さんや、庭のあるお家にチラホラと桃の花が見られるようになりましたね。 3月3日はひな祭り(桃の

記事を読む

笑点の「重大発表」って昇太の結婚?相手は誰なの?

  日本テレビの番組「笑点」が公式Facebookで、6月30日の放送を前に「番組の

記事を読む

菜々緒乙姫、感謝祭にて涙目でコンタクト浮かせながらも記録4分4秒!

さすがの女優魂!おんなの意地か?   毎年、春秋の番組改編期につなぎで行われるTB

記事を読む

令和元年の長崎くんち、秋の大祭の踊り町、籠町の演し物紹介

  諏訪の森にシャギリの音が響く時   長崎っ子の血はフツフツ

記事を読む

メランコリー・二人でお酒を等の梓みちよさん死去に青春が遠のていく

    私達の60過ぎの年代になれば「梓みちよ」と云う女性歌手の名前

記事を読む

令和元年の長崎くんち、秋の大祭の踊り町、玉園町の演し物紹介

  もってこーーい!!  もってこーーい!!   秋空の諏訪の

記事を読む

今年の茂木ビワは甘いぞー。びわスイーツフェスタで旬の味覚を堪能‼

今が旬の茂木ビワを頂きました。 今年は天候にも恵まれ、甘さと云い最高の出来なんだとか。

記事を読む

no image

今年の干支は亥年。犬、ネズミ、ヘビまでいるのに何でネコは無いの?

干支を見るにつけ、不思議に思います。 子  丑  寅  卯  辰  巳  午  未  申  酉  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑