*

何処に行くマラソン・競歩。大揺れの東京オリンピックの開催地と時間!

公開日: : スポーツ

 

2020年7/24(金)~8/9(日)に開催される東京オリンピックもあと300日も切り、各代表者の選出も進んでいる中、ここにきてマラソンと競歩の開催地で大混乱しています。

いきなり国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の猛暑対策として陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する案を言いだしたのです。

 

今回の提案の“元凶”は猛暑で男子18人、女子28人の途中棄権者を出し10月6日に閉幕したドーハ世界陸上にあるのだろう。

 

この時のレースは深夜のスタートではありましたが、多数の途中棄権者は主催者側としたら選手の危険を考えれば当然の事と思います。

 

競歩のレースもTV中継を見ていましたが、日本の選手は暑さ対策も万全で好成績を残し代表内定を貰っていましたが、そのTV画面の後方で周回遅れの選手がフラフラになりながら、給水所の机の方に倒れる姿も移り出されておりました。

 

深夜のレースにも関わらず、脱水症状や熱中症の症状が出たのでしょうね

 

 

 

 

マラソン代表選手の選考レースMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)も東京の新国立競技場でマラソン発着を行うつもりでオリンピックと同じコースで暑さを加味してのレースでした。

 

初の試みにて結果は富士通の中村匠吾選手が2時間11分28秒で優勝、2位は同36秒でトヨタ自動車の服部勇馬選手で東京五輪の日本代表に内定しました。

 

有力視されていた大迫傑選手、設楽悠太選手、井上大仁選手に勝っての内定ですから文句はありませんが、内定の二人が暑さに強いのも味方になったのでしょうね。

 

川内優輝さんはMGCの資格がありながら「自分は暑さに弱い」として不参加でしたもんね。

 

そんな中での国際オリンピック委員会の「開催地変更」の提案なんでしょうね。

 

 

 

 

選手ファーストと言いながら

 

 

 

この国際オリンピック委員会の提案に東京都は真っ向から反対するのは当然でしょう。

 

開催までの準備やその開催地の整備をやっているのですから当然ですよね。

 

選手には関係ないでしょうが、都の予算で準備もして来たし開催までの時間も少ないし・・・・

 

しかしながら、競歩の選手は最初の方に言ってました。

 

「東京オリンピックのコースを試走したが、出来ればもう少し日陰のあるコースに変えて欲しい」と。

 

選手ファーストと言いながら選手の意見は聞いていなかったんですね。

 

オリンピックの後にはパラリンピックも開催されます。

 

「車いすマラソン」も同じコースで行われますよね

 

車いすの選手は普通よりも地面に近く、地熱で温度も高くなり尚の事過酷な状況なんです。

 

マラソンに限らずトライアスロンのコースも「水が汚い・臭い」などの不評も出ていましたね。

 

 

国際オリンピック委員会の選手の安全を第一に考えて開催地の変更か、はたまた、東京都が提案する「早朝3時スタート」の早朝スタート案になるのか、選手ファーストならば早めの決定を願いたいもんです。

 

 

 

 

 

 

早朝からの練習

 

 

 

 

10月のドーハ世界陸上に参加出走した川内優輝選手は女子のマラソンを見て、深夜のスタートに備えるべく昼夜逆転の生活スタイルに変更したそうです。

 

海外旅行に行っただけでも「時差ぼけ」になる人もいる中で、アスリートが最高の結果を出すのに体調を持って行くには大変な事でしょうね。

 

しかし、よく考えてみると大学生の陸上部や社会人の陸上部なんかは早朝と夜間の練習を毎日行っていますよね。

 

私も送迎の仕事の関係上6時過ぎには家を出るのですが、長崎市に拠点のあるMHPS(三菱日立パワーシステムズ)の選手たちの早朝からの走り込みを行っているのに遭遇致します。

 

我々一般人でも早朝にウオーキングやジョギングをしますしね。

 

「早朝からのスタート」に付いては早めに決定してあげればその日程に合わせて調整出来るんじゃないかと思いますね。

 

只、世界的に見れば時差があるし問題も無いのでしょうが、日本人としては早朝からの生の観戦はどうすればいいのか、午前3時のスタートならばその前に観戦道路にいなくちゃならないし、警備の皆さんやボランティアの皆さんは夜半からの待機で準備しなければなりませんよね。

 

いくら大都会と云えど交通手段も心配ですね。

 

 

 

 

札幌開催

 

涼しい北海道の札幌開催を提案されましたが札幌だって早く決めないと準備が出来ませんよ。

 

冬の札幌は雪祭りで賑わいますが、夏だってみんな涼しい北海道の魅力に誘われ観光に行く人も多いんです。

夏祭りと云う物も60年余り開催されているそうで開催日がオリンピック誘致時期と重なるそうです。

 

観光客の増加に夏祭りで宿泊先のホテル不足も云われていましたし、何よりも事前準備も大変だ!!

 

北海道民はマラソンの候補地に賛成の方も多いと云います。

 

私だって地元でオリンピックが見られるならば大賛成します。

 

しかし、単純に考えても事前準備や掛かる費用の捻出、そう簡単な話ではないでしょう事は素人にもわかります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

1964年に行われた東京オリンピックが56年ぶりに再び開催されます。

 

 

 

 

半世紀ぶりに行われる日本のオリンピックに目前にして暗雲が立ち込みました。

 

選手ファーストで考えてあげるのは勿論ですが、無事に何事も無く終了する事が1番大事です。

 

世界のアスリートの半端ない記録に歓声を上げ、その偉業を目のあたりにしたら子供たちの目標も沸き上がります。

 

人類が持つ身体能力を競い合う姿こそが五輪の神髄でしょう。

 

今回の問題には開催地の利権と欲もチラホラ感じます。

 

日本人に金銀銅のメダルを取らせようとの策略も感じます。

 

色々な駆け引きにて問題が長引くようでは選ばれた選手も満足な力を発揮することが出来ません。

 

 

願わくば、早めの決定にて開催までの残りの時間を、選手達がトレーニングや調整に専念出来るようにしてあげてください。

 

 

関連記事

金谷拓実がアマチュア優勝。マスターズトーナメントも無駄ではなかった

    2019年三井住友VISA太平洋マスターズで金谷拓実がアマチ

記事を読む

萩野さんと戦いたい!カツオの愛称、松元克央。200フリーで派遣標準記録突破だ。

200自由形、水泳界のカツオこと松元克央とは   競泳の世界選手権(7月・韓国)代

記事を読む

オーガスタのマスターズで猛虎が吠えた!完全復活させた名医の名前と治療法

  2017年5月   道路に停めた車内で爆睡しているところを

記事を読む

日本選手権の9秒台記録の陰で102歳の現役スプリンターが100mを完走。

  第103回日本陸上競技選手権大会が博多の森陸上競技場で行われていますが、100m

記事を読む

大相撲 3 月場所開催。多数の品不足のマスクや消毒液は何処から調達?

        2020年3

記事を読む

小笠原茉由 の家族構成と、父親の野球人生記録は凄いぞ!!

  「なんば発、小笠原特急 みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん」 のキャッ

記事を読む

エイミー・コガの生い立ちと素顔。モデルも顔負けのスタイルで他を圧倒

  2018年プロテストトップ合格の23歳の進撃だ。   &n

記事を読む

大相撲・遠藤関がお嫁さんをお姫様抱っこ?憧れの力士が結婚していた!

  9月場所も関脇の御嶽海が優勝を飾り、今や全盛の盛りを過ぎた感のある横綱二人に変わ

記事を読む

渋野日向子もか。ソフトボールで女子ゴルファーがゴルフが上手くなる訳

  女子プロゴルフツアーワールド・レディス サロンパスカップで渋野日向子(20)が4

記事を読む

2019年夏場所の大相撲の懸賞金の人気力士は誰だ?まさかのあの人か?

    2019年の夏場所は5月12日に初日を迎えます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おもちで年寄りの窒息死多発。誤嚥の原因がモチなのになぜ食べさせる?

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

塩の湿気はこうして防ごう。簡単な三つの方法でサラサラ塩に。

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。

災害時の3蜜対策。自主避難で車中泊と車移動は危険も伴うリスク

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 梅雨に突

加山雄三の脳梗塞後の容態は?ピアノに手を置き歌う姿がショック!

こんにちは、愛猫クウのジイジです。 長引くコロナウイルスの影響で

部屋干しの5か条!くさいにおい の消し方。たった5つのことで解消できる

  こんにちは、愛猫クウのジイジです。 &nbs

→もっと見る

  • どうもこんにちは。
    クウちゃんパパと申します。
    現在長崎県は長崎市に住んでいる団塊世代の親父です。

    団塊世代とはなりましたが、老け込むにはまだまだ先の話。
    今は時間の制限も無く、1日置きに介護事業所の送迎車の運転手として勤めながら、適度の運動(ウオーキング程度)と妻・愛猫のクウちゃんと面白おかしく日々を過ごしております。

     

PAGE TOP ↑